スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やはり考える孤独と命 

新年早々 + 初仕事で実はショックな事があって

何もする気がなくなってしまっていたんですが、徐々に復活気味なので書きます。

立ち止まっている場合ではない!


ショックの一つ目は、ちょっと秘密・・・

二つ目は患者さんの中でもとても私になついていてくれたおばあちゃんがいたんですね。

おばあちゃんなのに懐いてくれたって変な表現ですが、

人間は年をとるに連れて赤ちゃんに戻っていくものなんですね。

わがままになるのもそうだし、子供っぽくなるんです。

そんな風でも、私がいなければ気にしてくれて

会えば憎まれ口きいてw


「おねぇちゃん、いい人いるでしょ!そういう顔してる!夜遊びしてるのだめ!」

とか説教しながら

「ご飯食べれない・・・何食べたらいいの?」

「淋しくてしょうがないよ~」

なんて話をいつもしていました。


彼女は重度の糖尿病でした。

糖尿は日々悪化し、歩くのも大変

ご主人は早くに亡くしてしまい、子供もいなく、

姉妹は一人は遠方に住み、もう一人は重度の認知症。


彼女はきちんと食事を取ることができず、
果物やお菓子ばかりたべていたので

「あんまり果物とかお菓子を食べないで野菜や肉や魚を食べたほうがいいよ」

とすすめると

「頑張って食べるね」

と言っていました。

憎まれ口をきいても、素直で可愛いおばあちゃんでした。

おばあちゃんといっても、まだ80にもなっていなかったので
患者さんの中では若い方だったと思います。

病院が休みなのに「足が痛い」といって病院の前で座り込んでいた事もありました。

多分淋しいから病院にきたんだと思います。

来るたびにいつも次回のいつくればいいのかの予定を薬袋に大きな文字で書き込んで帰っていきました。

12月最後の来院時にも最後の予定を書き込み

「死んでなかったらくるね」

と言って・・・



本当に年が明けてこないなんて想像もしていませんでした。

死ぬような状態ではなかったんです。



警察から、孤独死だったという報告をうけたと聞き、
あまりにもショックで思わず仕事場で涙しました。

実はその日はもう一人の在宅患者の死の報告も受けていました。


人間はいつか死ぬとわかっていても

まさかあの人が・・・という突然死はやはりすぐに気持ちが追いつかないのです。

でもこの仕事をしている限り、ずっとこういう状況は続くのです。


患者さんはたくさんの人がいて、

いい人もいれば、正直ムッとくるような人もたま~にはいるんですが

やはり懐いてくれる(って変な言い方ですが)患者さんにはこちらも思いが入ってしまうんですね。

おじいちゃん患者さんでも、


「あと40年若ければ・・・クッ」



みたいな人いるんですよww


皺もあって、もうあっちもダメそう(というかダメ)だけど
それでも現役は・・・(ノ∀`●)ポッ


まぁ患者さんといってもそれなりに色んな人がいるもので

やはり自分を気にかけてくれる人は、自分も気になるんです。

あ、あの人今月きてない。とか。


人はやっぱり一人で生きていくものではないんですよね。

その患者さんの場合は、多分近所の人の通報で警察がきて発見された感じだったのですが

本来は・・・と思うと。色々考えます。


今家族を作っていない独身男性や女性!!

ほんとに、真剣に家族を作ることを考えてほしい。

お互いが支えあって生きていくのが人間なんです。



まぁそういうのとかもあってでちょっと新年早々落ち込んでました。


でも頑張ります


それが私の仕事だしo(-`д´- o)ガンバル!!
スポンサーサイト

コメント

はっきりいうけど
人の死と向き合う仕事で毎回感情移入していたら
そのうちあんたの精神が壊れるよ

はっきりいう
あんたにその仕事は向いていない

Re: タイトルなし

>七氏さん
久しぶりのコメントありがとうww

確かに毎回こう落ち込んでたら向いてないのかもね。
まぁ毎度毎度ではないので大丈夫でうb

ただ人間だし、数こなさないとやっぱり慣れていかないもんだと思うんだよね。
医者も看護師もヘルパーも、最初はみんなこんな感じだと思うよ。

逆にこういう気持ちをもって接することができないと良い医療はできない!と自信もって言えます(b´ω`d)

それで引きずって仕事にならない!ってのはダメだし、それはないので、一応。
アドバイス さんくす^^
  • [2012/01/09 22:35]
  • URL |
  • ぴ~ち@放心状態(疲)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://himetaro.blog55.fc2.com/tb.php/427-31d14658

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。