スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


糖質制限って・・・ 

まもなく糖質制限食を始めてから5ヶ月目に入ります。

スタート時からの体重は MAXで11.2kgまでいきましたが、
さすがに親元でお正月を過ごした事もあり
コントールできなかった結果、現在マイナス10キロキープ。

なんとかなんとかやっている感じです。
これからまた頑張ります(´p・ω・q`)


私が糖質制限を始めたきっかけは
ずっと危惧していた「父の糖尿病の疑い」でした。
病院嫌いの医者嫌いで、
通うのも嫌、服薬も嫌、運動も食事制限も嫌、

何か他に方法はないものかと探し当てた結果、
糖質制限食を発見したのでした。

酒は飲んでもよし、カロリー制限なんて面倒な事もしなくてよいという

まさに父にぴったり!

そしてなんとダイエットにもなると言う事で、
まず、私が試してみようと自ら実践し始めたのでした。

私は現在糖尿病ではありません。
しかし、祖父も糖尿、父も糖尿であれば(しかも結局二人とも2型 )
私も糖尿になる確立はかなり高いわけです。

糖質制限をするのは、父にすすめる前の実験だけでなく
自分自身の為になると思いました。

実際、どんなにカロリーコントロールをしても
運動をしてもびくともしなかった私の体重は
糖質制限を始めてみるみる減っていきました。

逆流性食道炎や不眠で飲んでいた様々な薬を減らすことまでできるようになり
あきらかに体の変化を感じたので
今回のお正月で父に半年振りに会い、
それとなく糖質制限の話をしたのです。

父には現在長年一緒に暮らしている女性がいるのですが
彼女はまぁ普通にいい人なんですね。
父のことも一生懸命考えてくれているし、
だからこそ、糖質制限をプチでいいから取り入れてほしかったのです。

ただ、強制はしません。

毎回の食事から少し糖質を抜くことを考えてもらえるだけでいいかなと思ったんです。

実際今父が飲んでいる薬を見せてもらいました。
糖尿の薬が3種類、不整脈の薬、降圧剤の全部で5種類の服薬。

これで血糖値も下がったという話ですが
実際、じゃあそれでいいのかという所が糖尿病の問題なわけです。

糖尿の薬を飲むという事は、
それだけすい臓に負担をかけながら血糖コントロールをしていると言う事なのです。

今の薬でコントロールできなくなる日が徐々におとずれて、
量は増えていき、最終的にインスリン注射にいたるのが見ていられないのです。

私の祖父も重度の糖尿で、
最終的には両足の膝から下を切断しました。
父もそれを目の辺りにしているので重々わかっているはずなのです。

だから、今飲んでいる発泡酒(糖質70%オフ)を糖質0にかえるとか
スィーツは1日1回にするとか
そんな簡単な事からやってみたらどうかなという提案をしたんです。
もちろん現在の主治医に相談しつつです。

幸い、父の主治医が糖質を制限する事が血糖コントロールをできるとわかっていらっしゃる方だったので、それは是非相談して、

薬の量を減らしていってほしいという話をしたところ・・・


いつもそうなんですけど、父の彼女がキレて

「てめぇ何の文句があるんだよ!!」

と、始まっちゃったわけです・・・


まぁいわゆる

酒癖の悪い人なんですね・・・

この血糖の話の前に、ちょっと別の話を二人でしていて
その話の内容に父が怒り出して最初に二人で喧嘩になり

それで機嫌を悪くしたのか、今度は私に


普段は、いい人、に限ってこんなんなんでしょうか・・・


最終的には


「この新興宗教野郎が!」

と罵倒されて、話は終了。


別に布教しているつもりはないんですけどね。

確かに、江部先生を信頼している方々には
ブログのコメント欄なんかで喧嘩している人達もいて

「人のブログで何を言い合いしているんだろう」

と思う事はあります。

信者といわれても仕方ない様な。

ただ、江部先生自身が医者であるにもかかわらず、
一生懸命沢山の方のコメントに返事を返していたり
毎日ブログを更新しているのを見ると
信者になってしまうくらい好きになってしまうというのはあると思います。

私自身は、糖質を制限する事が何故いいのか

という事について生理学から薬理学(この辺は自分の仕事柄もありますが)
病理学などの勉強を一生懸命して

自分なりに良い!と思ったから父にすすめました。

もちろん他人にすすめようなんて思いません。

「なんで痩せたの?」と聞かれたら

「糖質制限しました」と答えるだけ。

やり方を聞かれたら教える、それ以上はしません。

その人の体がどうなろうと、冷たいようだけど私には関係ないからです。

父にすすめるのは、父に早く死んでほしくない、という気持ちだけなのです。

他にも大切な友人にプチ糖質制限をすすめる事はありますが、
それはやはりあまりにもひどい体になっていて
友人にも病気になってほしくないという気持ちからです。

20代の時、すでに、病気で友人を数人亡くしているので余計です。

ネット友人でやはり若いのに糖尿を患っている人がいますが、
彼にも多少はいいます。

夜中にご飯を炊いて食べたり(しかも5分程度の短い時間で )
野菜や肉や魚を食べないで炭水化物ばかり。

そりゃ糖尿も良くなるわけがありません。
しかし私は彼の彼女でもないし、そこまでしつこく制限させる事もできない。

あとは彼次第だからです。


私がブログで糖質制限の事を書くのは
あくまでもチラ裏です。

自分のダイエット記録でもあります。

これでこのあと私が大病を患って、糖尿病になり
リバウンドして激太りしたら

まぁ所詮こんなものだったんだなという

やはり自分の記録なのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://himetaro.blog55.fc2.com/tb.php/426-b7d966d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。