スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


糖質制限ダイエット 始まりの話~Vol1~ 

2011年9月10日(土)より糖質制限ダイエットを始めました。
きっかけは、仕事の帰りに本屋のダイエットコーナーに寄ったら

AGE牧田クリニックの牧田 善二医師の著書である

「糖質オフ!でやせるレシピ―お肉もお酒もOK! (食で元気!)」

を発見したこと。

その時点での私のダイエットはカロリーを制限する方法で


朝食:ヨーグルト 当然無糖 (これは某美容アドバイザーが推奨していたので)
昼食:春雨ヌードル カロリー110kcal + おにぎり1個
夕食:お刺身とか豆腐、ひじきの煮物 + ご飯1膳又はうどんやそば  酒は我慢。゚+(。ノдヽ。)゚+。


そんな感じで1日の摂取カロリーは800~900位に抑えていました。

(成人女性のダイエット中の必要カロリーは1200~1300kcalがベストといわれているらしいけど)

しかし何故か痩せない・・・

大好きなお酒も、当然間食もせず、ヨガやったりエアロビクスやったりしているのに、体重計は微動だにしない状態でした。


そこで出会ったこの牧田医師の


「糖質オフ!でやせるレシピ―お肉もお酒もOK! (食で元気!)」


を読んで衝撃が!!

今までダイエットのために良かれと思っていた事はほとんど×

駄目だと思っていたものが推奨されているではありませぬか・・・


著書には、とにかく糖質をカットする。
お酒はビール・日本酒以外の蒸留酒・糖質オフの発泡酒なら飲んでOK
食べていいものは野菜(一部不可)・肉・魚などなど。

(これは『糖質制限の決まり』という記事でも書いたと思います。)

他にも細かくありましたがそれはまた別の機会で。

とにかく毎晩お酒を口にいれたい私にはぴったりのダイエット方じゃないか!

と飛びつきそうになるのをこらえ、とりあえずその本を購入して帰宅。
そして糖質制限食について色々調べました。

すると糖質制限食を推奨している京都高雄病院の江部康二医師のブログを発見。

ドクター江部の糖尿病徒然日記

この先生は自らが糖尿病で、この糖質制限食を実践したところ
HbA1cや空腹時血糖が正常値になってきたという話。

そのメカニズムについてはちょっとここでははしょりますが、糖質制限をする事で、体重も落ちます!
健康になります!
もちろん糖尿人じゃなくてもOK!

という事なんですね。

早速私はその翌日から糖質制限を開始する事にしました(・∀・)

続く
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://himetaro.blog55.fc2.com/tb.php/412-faadbc5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。