スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鎮静 

先日書いた記事の続きというか


あの記事に書いた患者さんが先日お亡くなりになりました。


その話を少し書きたいと思います。

最後の時がどうだったかを。



その患者さんがもうあと少しの命で、

痛み止めとして大量の麻薬や麻酔が投与されている話は以前に書いた通りです。

彼は、最後まで元気でした。

「仕事に復帰しようか」という話までしていた位でした。

しかし、痛みは激しく、長いこと沢山の末期の癌患者を看取ってきた担当のドクターにまで


「僕の医者人生でこんなに麻薬を使ったの初めてです」


といわせたほど、


彼は頑張って生きていました。



そして頑張っていたのは彼だけでなく、彼の奥様とお子様達でした。


特に奥様の気丈っぷりは、痛々しい位


笑顔で話をしてくれていました。


奥様の笑顔に逆に胸が痛んで、こちらが涙を堪える事も多々ありました。




彼の体に巣くう癌細胞が麻薬も麻酔も押しのけて彼を苦しめ始めた頃、


「セデーション」を行う事が決まりました。



セデーションとは、薬を使って意識を落としてしまい、苦痛を和らげて治療を施す

というもので、2種類の治療を指します。



ひとつは、一時的に精神や心理的な恐怖感などを落ち着かせるという意味で使う方法。


もうひとつは「最終的セデーション」といって、死に至るまで持続的に意識レベルを下げること。




彼に施される事が決まった「セデーション」は後者の方。



まず、大量のステロイド剤を投与し体を限界まで起こします。

そして、疲れ果てた体から徐々にステロイドを抜いていきます。

そうすることによって、体は自然と回復しようとし、眠りに入ります。

眠りに入ることによって、痛みから解放され、静かに最後を迎えることができる、という形です。

とうぜん家族との合意の下で行われる治療です。




しかし、実際彼は、最後を迎える数時間前まで起きて

しかも少々の食べ物を口に入れることができていました。


サチュレーションという簡単に言うと赤血球の動きをはかる器具をつけていたのですが

その数値が低下しはじめたという事でドクターがかけつけ、

しばらくして意識はなくなり、

ご家族との話し合いで、眠らせて


そして、彼は目覚めることがないまま旅立ちました。


まだ50代半ばでした。




今回の彼については

私たちにとっても特別な患者様でした。

末期の癌で、こんなにも長い間頑張っていた方はなかなかいないのです。


最後の時は、奥様とお子様二人に見守られて逝かれました。


彼は仕事もまだ退職していませんでした。


週3日でも通うつもりでいたのでした。



最後は、「お父さん頑張ったから、もういいよね」という家族の思いで

彼は、眠りについたのでした。



最終的セデーションは、安楽死ではないかという議論があり

日本では問題になっている行為であることは間違いありませんが、

苦痛を和らげることが、患者様のなによりの治療行為であるという意味では

セデーションは安楽死とはいえないと思います。



ただ、安楽死に関しては私は肯定派なのですが・・・



長くなってしまって何がいいたいのかというと

やはり人間は一人でいちゃいけないと思うのです。


この記事でかいた患者さんは若くして亡くなってしまいましたが

愛する家族に支えられ、見守られていました。

それだけで、どれだけの勇気がもてたか。


人間は決して一人では生きていけないんです。


若い時は自分の人生なんて考えないでしょう。

考えてもせいぜい10~20年後の事だと思います。



自分の老後って、どうなっているか


いまや日本は長寿大国です。


いやでも、長生きしてしまう世の中です。


100歳なんてザラにいます。

そこまで何して生きるんでしょうか。


子供がいなければ、孫もいないので

新しい命を感じることもなく・・・




「早く死にたい」




といってウツになってしまう老人が多いのです。

生きている楽しみがない、というのです。


どうしてそんな状態になってしまうのだろうと考えると、

やはり家族の存在ではないかと思うのです。


家族がいなければ、当然友人もいないので

毎日、がとても長く感じ、

自由に遊びにいく体力もなく

ただ、死を待つのみ・・・



悲しすぎますよね。

人は、この世に生を受けた以上

生きて、そして次の命を作り出す義務があると思います。

それは人間だけでなく、地球上の生物すべての使命なのだと、私は思います。

病気や障害など、やむをえない事情がないかぎり、

子孫繁栄は生物に課せられた使命だと思っています。














でもGは繁栄しなくていいかな

むしろ絶滅(ぇ)





結局最後はこんな終わりで^ω^




スポンサーサイト


ぬぉおおお 

地味に多忙すぎます!!!!11



今日なんて早退して6時半には帰宅してて、

んでヨガとかゲームとか勉強とか色々やってやるぜ!と思っていたのに


なぜか8時に就寝orz


そして今午前3時前




なぜ起きたんだ私。


今日は6時起床なんだよ?



ねなくていいのけ?




のぉおおおおおお




そして テンテンのブログに書いてあった「アキナーター(って読むのか?)」にハマってしまった今・・・





寝るべきか、起きたままでいるべきか><





アキナーターやってみてください。


おもろいw


有名人を想像して、あとはHPにでてくるおっさんの質問に答えていくだけb



私は「平井堅」と「戸田恵梨香」と「P!NK」で見事正解された!




「戸田恵梨香」では途中で、


『ライアーゲームに出演していた?』という質問がでてかなりドキドキした




「P!NK」は当たると思わなかったなぁ・・・・すごすぎる


そうそうPC買いました!


やっと7だぁ~


てら~ 

そうそう、この間の月曜日からTERAやってます

エリーヌ鯖でやってるので、
もしやってる人がおりましたら是非囁き下さい(*^U^*)


フレ登録は一方的に飛ばせて、
しかも勝手に飛ばしたにも関わらず、双方に登録されてしまうという

ちょっと怖い仕様で…

すでにいつまでたってもレベルが上がらない得体のしれないキャラにフレ登録を飛ばされていてちょっと怖いので


もうちょっとしたら名前とか公開しますね(・∀・)


結構ストーカー的な、しかも女とかがいたりするので慎重なのです(´・ω・`)


もちろん知り合いの方ならスカイプでも飛ばしてくれればおkですのでデ(。ゝω・´)b


で、TERAは普通に面白い感じで進めてますb


AIONより全然好きだなぁ~


キャラが可愛すぎるし

なによりグラフィックが綺麗過ぎる!!



PC新調したくなりますです


次回SS貼りますね(*゚▽゚)ノ


久々です 

最近またヨガとピラティスとエアロを始めましたb


で、本に書いてあった熱めのお湯で腰湯


その本には「45~47度のお風呂」って書いてあったんだけど、

44度に使ったときにマジで皮膚が破れるかと思うくらい熱すぎて耐えられなかったので


43度にしています…(´ω`)


無理だべ 47度とか 死ぬよ?


今はちょっと女性周期の関係で痩せにくい時期だけど、


体調が大分良くなりました!



まず、毎日悩まされていた頭痛がほぼ解消。



例え痩せなくてもこれだけでやる価値あり!!です



で、今日、


「やせぐすり」



もらってきましたo(*^ω^*)o~♪


中国製の  じゃないよ?


ちゃんとした日本で承認されている医薬品ですb



血中に溶け込まないお薬で、全て便として出て行くので副作用もあまりない



基本、LDL値が異常値の人が使うお薬ですので

あまり私向きではないんだけど

今日のお昼に飲んだらすごい効果で!!


ただ私はちょっと口渇感感じたかも。


やたら水飲んでました


そしてトイレも頻回


まぁこの位なら全然許容範囲でしょう


効けば1ヶ月ほどで効果がでるはず


楽しみだぁ━━(*≧ω≦)


また報告するです


傷 

チラ裏です。

なんか言わずにいられなくてどうしようもないから。



私は医療関係の仕事をしています。

人間の死といつも対面しながら仕事しています。

これは、前にも書いたと思う 多分ね。


目の前に死が迫っている人を目の前に笑顔を向けて仕事をしていかないといけなくて


目の前に死が迫っている家族を世話しながら生活している人達に笑顔と、本当の苦笑を向けて仕事をしている


そんな生活が続く毎日です。



もちろん、死がまだまだ遠い人もいる。


でも、死が遠いのに

本人は元気なのに

何かが苦しくて、落ち込んでいく人も目の前にしている。




正直、辛くて、涙をこらえながら


仕事をする日々があります。



生きるって凄く 辛い 厳しい 悲しい

そして

楽しい

でも

やっぱり 大変なんですよね。



人が生きるって簡単じゃないんですね。



簡単にここには書けないくらい、本当は厳しい道なんですよね。



「残りの命は週単位です」


と宣告されたある、末期の癌患者様は



半年前に、「あと少しの命」と某大病院から見捨てられ、退院させられた人でした。



余命は家族の為、そして痛みがとれて「会社に復帰したい」と言った事もありました。



痛みが尋常じゃなくなり、抗鬱剤でどうにかごまかす事にまでいたりました。


少しでも痛みをやわらげたいという、医師の思いです。




もちろん



今までに大量の痛み止めである麻薬を投与しています。

麻薬の量が増えるごとに

彼の命を奪う死神が近づくのが分かります。




実はそばで介護する家族をみているのが


正直 一番きついのです。



最後の思い出にと、家族でオーストラリアに旅立つ時に

持参する麻薬の書類などを作成する時には

とても元気で・・・



医療の現場に携るのは


辛すぎます。


こっちがまいってしまいます。


でも、沢山の患者様に 笑顔をむけたら


「相変わらず綺麗だよね^^」と言ってもらえるので頑張ります。




(・・・・・・・・・・・・え?)




って



嬉しいのは事実なんですよ



人の死も事実です。


皆様が、笑顔で死を迎えられるのが一番だと思っているのでb


私もみんなを笑顔にして死ぬのが希望だなぁ


と、思いながら生きる毎日です。



一番辛いのは、この仕事をしている限り、

ずっと死と向かい合わせという事なのです・・・(続く)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。