スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生と死 -死について- 

真剣なお話。


以前にも書いたと思いますが、

私は医療関係の仕事をしているのでよく「死」を目の当たりにするのですが

先日、今まででもっとも恐ろしいと思った「死」がありました。


それは某介護付き有料老人ホームの一室でおこりました。

私の職場と取引のあるその老人ホームに入居しているあるご夫婦の話です。


ご主人は90歳、奥様は85歳でした。

その老人ホームは夫婦は同室とされていました。


お二人とも、特に大きな病気もなく、元気だったと思います。


ある日、奥様が突然亡くなりました。

病院にてご遺体を調べた所、死因にあたるものがみつからず遺体解剖する事になりました。



すると、胃の内膜からかなりの出血をしていた事がわかりました。


その解剖により、奥様の死因はその急性ストレス性の出血という事になったのです。

また、体のあちこちに痣もみつかったという事で、警察が事情聴取に入るという事態になってしまいました。



施設側に聞いたところ、ご主人は奥様に対し度々暴力を振るっていたという事でした。


そして、奥様が亡くなったのは暴力が直接の死因ではなく、

暴力により過度のストレスがかかり、そして胃から出血し死亡したのです。


奥様はかなり強めの胃潰瘍の薬を服用していたので、

多少のストレスでは出血はしない体だったはずなのです。


しかし・・・



死に至るまでの出血をするほど、ストレスがかかったなんて

ご主人はどれだけの暴力を奥様にふるったのでしょう。


聞くところによると、奥様の頭を持ち、壁にガンガンと打ち付ける事もあったそうです。


ご主人は認知症でもなんでもありませんでした。


認知症を患っていると、その薬の副作用で暴力的になる事もあるのですが、

そんな薬は全く服用していませんでした。



若い頃や、30、40代頃のDVの話はよく聞くのですが、

80代になってもそんな事があるとは・・・


しかもそれが間接的とはいえ、死の原因にもなっているわけです。



家族としても、こんなに辛い事はないでしょう。


奥様もきっと辛かったでしょう。


長年連れ添った相手に暴力を振るわれるなんて・・・




病気で苦しんだり、事故に遭って死ぬのもつらいですが

家族に苦しめられるのが一番辛いと思うんです。



誰にでもいつかは死が訪れます。

しかし、やはり最期の時は幸せに迎えたいと思うのは贅沢なことなんでしょうか。





明日は「生」について書きます。

今日は暗い!けどきちんと考えたかったんだ。
スポンサーサイト


LOVE part ONE  

tsubo1.jpg
tsubo2.jpg


tsubo3.jpg


tsubo4.jpg

tsubo5.jpg





大好きなleccaの歌。

「I wish」とか「For you」とか元気な曲が好きでファンになったけど

こういうしっとり系もいいなぁ。

春頃の歌で前から好きではいたけど、

今頃ジーンと身にしみますw


にゅ~よ~く 

見た目可愛さで購入してしまいました(´ρ`*)


101018_220423.jpg

N.Y. Cupcakes」が期間限定で明大前の駅中にだしているお店。


味は、まぁ普通のカップケーキでした。

1個180~250円位かな。



とりあえず一口ずつ食べてみたけど、もう買わないかなw


お土産に買っても、味的にセンス疑われそうだし



子供は喜ぶね 間違いなく。


上にのっかってる ウサギだの蝶だの 食べたがっちゃってさ


大して美味しくはないはずだけど、子供って味より見た目だよね(スウィーツ限定)




でも見た目はラヴリーなので70点(*'ω'*)


えちゅーどはうす 

韓国コスメブランドの中でも有名な

「ETUDE HOUSE」

IKKOさんも大推薦のブランドですが、

ここの「Magic Bubble Peeling」が素晴らしいのです!!!

et1.jpg




お肌のピーリングをするアワアワ


角質もポロポロ~~~~


もちろんお肌もすべすべになります。


お気に入り過ぎて毎日やってみたけど、さすがに角質はとれない(;^ω^)


2週間に1回位でいいのかなぁ。


安いのに優れものです(*'ω'*)


怒 

「君は凄く怒っているんだろう」


そう言われてここ1ヶ月程の自分がどうだったかを思い返してみた。

時間にすればほんの2~3秒だったと思う。

はい、と私は答えた。


そういえば私は怒っているんだ。


悲しい気持ちはもちろんあった。

しかしそれ以上に腹が立っていた。




「思いっきり怒れ。君は怒ることができる。喚いて叫んで、相手を思いっきりぶん殴ってやれ。それでもし文句を言われたら僕のせいにすればいい。」



そう言われて思わず笑ってしまった。


「でもあの薬で少し落ち着いただろう?」



そう、あの薬はひどかった。

こんなものは人間が飲むものじゃないと思った。


薬ではなく毒だと思った。




「それは君が病気じゃないから。僕もあの薬を飲んだら辛くてしかたがないんだよ。でもそれは病気じゃないからなんだよ。」



それは自分が薬を飲みながら、そしてその作用なのか副作用なのかわからない苦しさに耐えながら

なんとなく感じていた。


私にはこの薬は必要じゃないのではないかと。


101011_161543.jpg





「だから、君は怒っているんだよ。とても、とても。」



失意のどん底にいた私は、怒りよりも悲しみの方が強いと思っていたが、そうではなかったのか。




「君が怒ることは、僕も怒る。相手の喉にかみついて切り裂いてしまえ」



あの人の喉にかみつく事はできないけれど

秋の真っ青な空からそそぐ木漏れ日の下、

私が怒り狂って暴れる姿をみたあの人の顔を想像したら少し笑えた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。